引越し当日編

引越し当日に物を失くさないための工夫

引越し当日、荷物を運び入れるため家を出たり入ったりしていると、いざという時必要なものが見当たらないなんてことがあります。

例えば玄関や車の鍵、荷解き用のはさみやガムテープなどは、その辺に置きっぱなしにしていると引越し作業にまぎれてあちこち探し回らなければならないなんてことになります。

そんな時間のロスを防ぐため、引越し当日はポケットのたくさんついた服や小物を入れておくミニポーチなどを身に付けておくと便利です。ポケットやポーチに必要な小物類を入れておくと、どこかに置き忘れる心配もなく探し回ることもありません。

とくに鍵は引越し当日何度も使う必要が出てくると思うので、失くさないためにも身に付けておくほうが安全です。

引っ越すときには、すぐ使えるものは、取り出しやすくしておくことです

引っ越し先ですぐ使う、食器や洋服、靴は、ひと箱にまとめておくと、あとで取り出すときに楽になります。箱には中身がわかるようにすぐ剥がせるテープを張っておきます。最近は梱包テープを使わない折りたたみの段ボールなので、目立つようにしておきます。

本は小分けにして、たくさんの段ボールにしておきます。意外に重量があるので、分割しておくと、運ぶときに楽です。

パソコンは専用の箱が無い場合は、クッションや洋服などで包んで衝撃をあたえないようにしておきます。DVDやLDなどの配線は外すと、引っ越しさきで再接続すると場所がわからなくなるので、配線にはビニールテープで番号をかいておきます。接続先にも同様にはっておくと、迷わなくてすみます。

関連記事はこちら: