梱包テクニック

必ずしもダンボール箱に詰めなくてもOK

荷造りというと、ダンボール箱に詰めることを連想しますが、私が最後に引っ越した時に別のものも利用して便利だった、それを紹介します。その別の物とは、100均で売っている大きな塩化ビニール製の袋です。食器と本、家具以外の細々した物は全部、その袋に詰めました。もちろん、中で、ごちゃごちゃにならないように、きっちりとまとめましたし、袋を運びやすいように、袋の上から紐を十字にかけました。

紐は、紙のゴミ出しの時に再利用できるし、大きな袋は、家族が入院したりした時にとても重宝します。それに、ダンボール箱の後始末に頭を悩ませずに済みます。

服は普段からプラスチック製のケースに収納しておけば、ケースの口をしっかりガムテープで止めるだけで大丈夫です。意外とずれたり、皺になったりしないものだということを経験しました。

袋詰めは、意外と便利でした。近距離の引っ越しなら、試してみてください。

引越しでは頑丈な箱を使うのが良い

実際に引越しをする場合にはテクニックが多数存在しています。そういったテクニックは知っているだけで個人の負担を減らす効果があります。

引越しでは大量の荷物の移動が主な作業に含まれています。こういった移動を軽くすることが上手い引越しのポイントです。重要なテクニックは一度に多くの荷物を箱などに詰めることです。この時の箱は頑丈だと安定して移動させることができます。

市販のボックスのようなアイテムは引越しの際には役立ちます。正方形の箱があればそこに服や本を詰めることができます。また、箱の素材もダンボールのようなものを避けた方が良いです。これは移動中に重さで破れるのを防ぐためです。これらで安定して荷物を運ぶことができれば引越しは楽に完了します。

ダンボールで荷造りをする時のコツ

ダンボールで荷造りをする時には、いろんなコツがあります。

私が失敗したなと思ったのは、なるべく少ない荷物にしようと一つのダンボールに詰め込みすぎたことです。そのため一人ではダンボールを持ち上げることができず、二人がかりで移動させたり、また別のダンボールに分けなおしたりとよけいに手間がかかってしまいました。

そのためダンボールに荷造りをする時には、あまり欲張らず一人で持てる分だけを荷造りしていった方が結果的にはラクに移動ができます。

またその荷造り時には、嵩張るものや重たいものをなるべく下のほうに詰めていったほうが、移動時に重心が下に来るので持ち運びがしやすくなります。

とにかくダンボールで荷造りする時は、移動が楽にできるよう工夫をすることが大切です。

関連記事はこちら: